アメトーク20170119「大根ありがとう芸人」感想とネタバレ

この記事は5分で読めます

2017年1月19日に「アメトーク 大根ありがとう芸人」が放送されました。

年に一度の食シリーズで大根に感謝したいという芸人さんやジャニーズさんたちが集合。

今回のメンバーは博多華丸さん、ケンドーコバヤシさん、長野博さん(V6)、渡部建さん、塙宣之さん、飯尾和樹さん。ゲストは倉科カナさんです。

今回の放送を見た感想やネタバレです。

まだ放送を見ていない方はご注意ください。

スポンサーリンク

なぜ今回「大根」なのか?

「大根への評価が低すぎる」

おでんでも大根は皆注文するが、まず卵、厚揚げと「大根」。あるいは牛すじ、ガンモと「大根」など。

はんぺんに付きすぎた辛子を大根で拭いたりする。

▽扱いがヒドイ大根へ…今こそ感謝を

例えば「おろしそば」というが正しくは「大根おろしそば」ではないのか。大根が省かれてる。

刺身では刺身のツマとして出され、いざ食べようとマグロどけたら血まみれということも。

大根役者や大根足、また日本刀の切れ味試すとき大根が犠牲になっている。

そんな酷い扱いを受けている「大根」にありがとうと感謝したいとのこと。
▽意外と知らない…大根の世界

古代エジプトの時代には栽培されていたとされ、最古の野菜の一つと言われている。

一般的な青首大根は、種まきから60日程度で収穫できる。(結構早くできるんですねー)

ここで博多華丸さんが一度食べてみたかったという大根料理をスタジオに。

「おしぼりうどん」という長野県の郷土料理、ねずみ大根という大根のしぼり汁につけて食べるそうです。

これを素でつけて、そのまま食べると涙が出るほど辛く、これがクセになるそうです。

宮迫さんは辛さでむせていましたが、倉科さんは素のままで美味しいと感想。

これに味噌などを加えて食べるのも美味しいそうです。

そしてV6長野さんがオススメするのは、京都の高峯で見つけた辛味大根。

この大根は固いのでワサビおろし器を使っておろします。

これを一口食べた宮迫さん、本当に辛そうです。

長野さん「大根はおろし器によって変わる」

紹介されたのは「楽楽オロシてみま専科」というおろし器。押し引き両方で早く、そしてふわふわに、そして甘みがあるおろしがすれる。繊維を潰さなければ、辛味が出にくい。
▽食通が選ぶ…大根オススメ店

渡部さんの大根のオススメ店

渋谷区恵比寿の「喜久や」さん

お洒落な内装ですが立ち飲みの天ぷら屋さんです。大根を出汁につけて、そのあと天ぷらとして揚げる。ゆっくり低温で揚げて、揚げあがったものをとろろ昆布を乗せて食べるとのこと。

目黒区上目黒「吉次蟹蔵」さん

大根を出汁で炊く、その大根を敷き詰めてその上に蟹を乗せ、白味噌とバターも入れる「毛ガニ大根鍋」。カニ、白味噌、バターの旨みを大根が吸うので大根がとても美味しいそうです。

シメは雑炊にしてイクラをかけて食べるのがまた美味しいとのこと。

続いてケンドーコバヤシさんのオススメ

品川区西五反田「わったりぼうず」さん

秋田料理専門店。秋田料理の「いぶりがっこ」大根を燻したものが美味しいそうです・

塙さんのオススメ

台東区浅草「ごはん✖︎カフェmadei」さん

大根おろしのしぼり汁に牛乳をたっぷり入れて作ったアイスクリーム。これに濃厚な蜂蜜をかけた「はちみつ大根アイス」シャーベットのようですが、大根おろしの食感が味わえるとのこと。

はちみつ大根はノドにも良いそうで、倉科さんも舞台の時には食べるとのこと。

岩尾さんのオススメ

大田区萩中「政次郎」さん

白髪ねぎをたっぷりのせた「スジ大根」。これは裏メニューだそうです。

長野さんのオススメ

滋賀県長浜市「つるやパン」さん

看板メニューの「サラダパン」パンの中には沢庵が入っている。元々はキャベツの千切りで作っていたそうですが、水分が出てしまうので沢庵を使用するようになったとのこと。このたくあんを酸味の少ないマヨネーズで和える。甘みも感じる味とのこと。マヨネーズのほのかな酸味と沢庵が挟まったパンはクセになる味だそうです。

1日3000個完売してしまうので、県外にあまり出ないそうです。

ただし渋谷ヒカリエで月に1回だけ売ってるとのこと。

博多華丸さんのオススメ

福岡市博多区中洲「一富」さん

華丸さんが若い時からお世話になっているお店ということです。おろしにポン酢とネギを混ぜ、揚げた餅の上に乗せた「揚げ餅のみぞれ和え」がオススメとのこと。モチ・ネギ・大根のトリプルスリーだそうです。

福岡市博多区寿町「びっくり亭本家」

豚肉をラードで炒め、ニンニクとキャベツを投入。焼肉が絶品とのこと。あれ?大根は?ご飯と一緒に出てきた沢庵2切れ。沢庵が箸休めでベスト!これはネタっぽいですねー。まぁ定食についてくる沢庵はめちゃ美味しいですけどね。

▽長野さん&渡部さん…オリジナル大根料理

長野さんの大根の美味しい食べ方

大根の葉を使うそうです。

スポンサーリンク

まず、じゃこをゴマ油で炒める→醤油とみりんで味を整える→油揚げを入れ、さらに炒める→大根の葉を投入、よく炒める→仕上げにゴマと鰹節を入れて完成!

結構簡単そうですね。アツアツのご飯にかけて食べると美味しい。

続いて渡部さんの大根の美味しい食べ方

大根ギョーザ。皮の代わりに大根を使用。餃子の案を大根で包み片栗粉で付ける。炭水化物が減らせるのはいいかもしれません。宮迫さん、長野さんのご飯でお腹も膨れているそうですが、美味いそうです。

一方、倉科さんは「すっごく美味しいんですけど、お腹がいっぱいです」

ここで大根あるある

華丸さん「子供は大根おろしをすぐやりたがるが、すぐに飽きるのも大根おろし」

ケンドーコバヤシさん「誰も夢見て諦めることがある。それは大根おろしを『無にする』、人類で大根おろしを無にできた人はいないと聞いている」

飯尾さん「だいたい自転車のカゴからはみ出てる」

ケンドーコバヤシさん「スーパーで大根を袋に入れると全部斜めになる。ヨーグルトも斜めになる」

渡部さん「おろしポン酢はこの世で最強の薬味じゃないかと」

ここでみんなが微妙に半笑いに。

宮迫さん「それ明太マヨじゃないの?」

以前渡部さんは言ってました。「明太マヨに合わないものはない」

蛍原さん「えー、じゃパンは?」

渡部さん、おろしポン酢も合うと力説します。パンはパサつきがポン酢の水気で食感変わるので、ポン酢はパンにも合うと。ちょっと無理っぽい気もしますが、ベトナムのバインミーなどはハムと漬物をサンドイッチにしたりしますね。でもポン酢とパンはちょっと無理ぽいですね。

宮迫さん「じゃ、みかんは?」

渡部さん「おろしポン酢!」これはもうネタですね酸味でみかんの味が引き立つ

倉科さん「スイカは?」

渡部さん「おろしポン酢!スイカによく塩かける。あれと同じ」もうテキトー感がありますが面白いです。味を想像してしまいますね。

蛍原さん「プリン!」

渡部さん「おろしポン酢!プリンの甘みを大根の絡みが引き立たせる」

宮迫さん「ヨークシャーテリア!」

渡部さん「おろしポン酢!動物なんで少し匂いがある。この子最近洗ってないんで臭うなという時にはおろしポン酢!存分に可愛がれる」もう大喜利ですね。倉科さん、めちゃウケてます。

ケンドーコバヤシさん「右腕」

渡部さん「おろしポン酢!右腕にそもそも味がないのでおろしポン酢を邪魔しない」

明太マヨに対しても「おろしポン酢!」もう滅茶苦茶です。

宮迫さん「月」

渡部さん「おろしポン酢!月は沢庵ですから」

渡部さん、大根好きすぎて今年から畑借りて大根を自分で育ててるとのこと。

出された写真には大根写っておらず、あれ?みたいな。

ここで長野さんも4年くらい畑を借りて栽培しているとのこと。

写真では収穫した大根を手ににっこりと。これまでに大根13種類くらい作ってるそうです。

渡部さん、前回くらいから気になってるんだけど長野さんのかませ犬みたいになってるとボヤく。

▽華丸さん…大根農家を訪問

練馬の渡戸さんという大根農家を訪ねました。華丸さんも収穫を体験。

長さが特徴という練馬大根は長く60cmもあります。

そして一般的な青首大根と比べると確かに1.3倍ほど長いです。

さらに三浦大根も収穫。三浦大根はやや短いですが太いですね。

最後は大根農家の人と星野源さんの曲に乗せグダグダな恋ダンスを披露、そして大根農家さんへ感謝の映像で終了です。
渡部さんのおろしポン酢推し以外はそれほど盛り上がりませんでしたが、食シリーズなのでこんなものかもしれません。おろしポン酢推しはしつこいくらいでしたが面白かったです。倉科さんものってましたしよかったと思います。

そして長野さんは他の芸人さんは自分の生活圏だけのお店紹介になってしまいますが、さすがにグルメとして仕事で全国を巡っているので知識が幅広いですねー。

比べられてしまう渡部さんがボヤくのわかります。

長野さんはグルメに特化してますからね、喋りも思ったよりうまいし今もたくさんのグルメ仕事をしていますが、これからは食関係の仕事がもっと増えていくといいですね。

アメトーークには2017年も面白い企画を期待してます!

→ アメトーーク20170202「スクールウォーズ芸人」感想とネタバレ

→ 日曜アメトーーク20170129 鉄道ファンクラブ(鉄道芸人)感想ネタバレ!松井玲奈も出演

→ アメトーク20170126 鉄道芸人の感想とネタバレ

→ アメトーーク 年末5時間SP パクりたい-1グランプリ感想とネタバレ!

→ アメトーーク12月8日「2016反省会」感想とネタバレ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: Content is protected !!