アメトーーク「WWE芸人」感想とネタバレ!マギーも興味?

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

12月1日に「アメトーーク WWE芸人」が放送されました。

今回はアメリカプロレス「WWE」のことが大好きな芸人が派手な演出やストーリーの「WWE」の魅力、そしてWWEスーパースターの情報について語ります。

今回のメンバーは勝俣州和さん、麒麟・川島さん、ケンドーコバヤシさん、東京ダイナマイト・ハチミツ二郎さん、俳優の古田新太さん、GAG少年楽団・宮戸さん、エディ&チャボさん、レイザーラモンさん。ゲストはマギーさんです。

今回の放送を見た感想やネタバレです。

まだ放送を見ていない方はご注意ください。

スポンサーリンク

WWE芸人の皆さん、みんなコスプレしているのでイマイチ誰かわかりません。

古田新太さん=ストーンコールド スティーブ・オースティン

川島さん=ジ・アンダーテイカー

ケンドーコバヤシさん=マンカインド

勝俣さん=スティング

ハチミツ二郎さん=ジョン・シナ

GAG宮原さん=ジェフ・ハーディー

WWEとは?World Wrestling Entertainmentの略。

世界180カ国以上で放送、6億5000万世帯で視聴されている世界最大のプロレス団体。

週に「RAW」「Smack Down」「NXT」の3番組が放送されている。

ド派手な演出で、ベビーフェイス(善)VSヒール(悪)が基本の対決図式

最大の魅力はリング内外で繰り広げられるストーリー、恋愛あり、コメディあり、ホラーもあり、海外ドラマのような展開が繰り広げられ、日本のプロレスとは趣が違うようです。

本物のオーナー(悪)のビンス・マクマホンさんが会場に現れ、試合をかき乱すこともあるといいます。

WWEといえば乱入&乱闘が名物で、試合として成立しなくなってしまいそうですが、そんな無茶苦茶な展開で世界中を魅了しているとのこと。

古田新太さんがコスプレしているストーンコールド スティーブ・オースティンはベビーフェイスで、オーナーのビンス・オースティンと抗争し、その結果として人気者になっている。

WWEあるある

・よく乱闘が行われる場所は「ケータリングスペース」、ほとよくスペースがあり乱闘するには便利なんでしょうか。乱闘の結果、置いてある食べ物がバシャーン!となってしまうこともあるようです。

時にはスーパーで買い物をしているといきなり選手同士で鉢合わせ乱闘することも。そして偶然カメラも居合せる。偶然じゃないでしょというツッコミは無しです。

・乱闘にはパターンがあり、リング上で何かしていると、他の選手のテーマ曲が流れ、その選手が乱入。乱入なのにテーマソングが流れる。音楽が流れると何かが起きる!ということで観客のボルテージもアップするみたいです。

・WWEにはホラー要素もあり、川島さんコスプレのジ・アンダーテイカーはホラー担当で、棺桶デスマッチをしたりする。棺桶デスマッチでは負けた方が棺桶に入れられて死んでしまいます。

宮迫さん「死ぬの??」

川島さん「アンダーテイカーは定期的に死にますから」そういうキャラみたいです。

アンダーテイカーを葬った後、勝った選手が喜んでいると・・・会場に鐘の音が・・・会場が暗転し棺桶が運び込まれる・・・すると棺桶に雷が落ち、棺桶から生き返ったアンダーテイカー現る!

無人の車が動き出したり、アナウンサーにアンダーテイカーが憑依、家族の顔が血まみれに見えたりと、勝った選手はそのあとも見るからに嘘くさい怪奇現象に悩まされる。

鐘の音だけで、アンダーテイカー来たー!と客席は大盛り上がりするとのこと。

・WWEのリングには誰もが知ってる有名人も上がる。ドナルド・トランプ氏もリングに上がったことがあるとのこと。トランプ氏はWWEオーナーのビンス会長の影響も受けていると川島さん。トランプ氏の演説の間とかが似ているらしいです。

・とにかく乱闘するが車を破壊する。乗って来た選手用の大型バスも爆破したりします。

車はよく使われて、抗争している相手を車で轢く(プロレスですよね?)

試合中に選手同士が車に乗り込み、そのまま公道でカーテェイス(プロレスですよね?)

会場にミルクを積んだポンプ車で選手が乱入、ポンプでミルクを放射!アナウンサーが脱脂粉乳ではない!と叫ぶ。

・古田新太さんによるWWEあるあるは、オースティンはよくロケに出る。

・ビンス会長の実の娘、ステファニーが色々巻き込まれがち。選手に誘拐されたり、選手のテストと結婚することになったが、プロレス会場で結婚式をして、式の最中に他の選手が乱入、結婚式を邪魔する。

邪魔した選手と本当に結婚し、今では子供もいるとのこと。

・WWEの選手同士で付き合うと、試合中の付き合ってる相手の得意技を使ってしまい、付き合っていることがバレるらしいです。

・WWEの選手にはそれぞれ必殺技があり、マンカインドの必殺技には使い古された靴下を相手の口に突っ込むというものがあり、ケンドーコバヤシさんによると相当な破壊力と。この靴下は設定ではマンカインドと話すことが出来て、「ソッコ君」という名前があるそうです。

 

日本からもアスカ選手が女子NXTチャンピオンとして活躍、また元新日本プロレスの中邑真輔選手も現在WWE(NXT所属)で活躍中「イャヤオ!」というパフォーマンスもアメリカで人気。観客も一緒に「イャヤオ!」とやってます。必殺「キンシャサ」が得意技みたいです。

今回のアメトーークでゲストのマギーさんも興味を持ったとのこと。最後は第2弾もするぞ!とケンドーコバヤシさんが他の出演者とケータリングスペースで乱闘し、仕込んでおいたはずの靴下「ソッコ君」で相手をKO、ソッコ君はスタッフが実際にその場で脱いだもので本当に臭そうでした。

WWEのことは全然知りませんでしたが、なかなか面白かったです。徹底的にショーパフォーマンスをするみたいですね。そして決着のつかない試合、さらなる遺恨などハマる要素があるのかも。なんかアメリカン・ショービジネスって感じですね。WWEを実際に見るかは微妙ですが、このテーマのトークは知らなかった発見が色々あったので第2弾に期待したいですね。

→ アメトーク20170119「大根ありがとう芸人」感想とネタバレ

→ 日曜アメトーーク12月11日「家電芸人」感想ネタバレ!

→ アメトーーク12月8日「2016反省会」感想とネタバレ!

→ アメトーーク ハリセンボン同期芸人の感想ネタバレ!ライス運動神経とリアクションがヤバい!ゴールデンボンバー鬼龍院も

→ アメトーーク 「情熱大陸出たい芸人」プロフェッショナル仕事の流儀も?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: Content is protected !!