べっぴんさん第3話のあらすじ感想とネタバレ 2016年10月5日

この記事は2分で読めます

すみれと潔は靴職人の麻田のところに向かいます。

町中を歩きながら、すみれは喜代が町は怖いところだという言葉を思い出します。

刺繍がうまくなりたい。

そう思っていたすみれは靴が針と糸でどう縫い上げられているのか

どうしても知りたくて父の靴をバラしてしまいます。

それを直すため潔と大冒険に出発することになったのです。

スポンサーリンク

すみれと潔は町中にある麻田靴店に着きました。

店主の麻田はすみれも来ていることに驚きます

すみれがバラバラにした靴の修理を頼みますが、麻田はすみれが一緒にここまで来ていることに当惑しています。

潔は麻田にすみれに靴を作るところを見せてくれるよう頼みますが、

麻田はそれを許さず、すみれお嬢様を早く送り届けるよう潔に言います。

結局、すみれは麻田が靴を修理するところを見ることはできず、

潔とすみれは二人で帰途につきますが、道中に労働者デモに巻き込まれ潔とすみれははぐれてしまう。

一人残されたすみれは労働者風の男に声をかけられるが逃げてしまいます。

迷い込んだのは港のようです

途方に暮れてうずくまっている、すみれを女中の娘の小野明美が見つけます。

「何してんの?こんなところで」

2話ですみれがお菓子をあげた子ですね。結局、明美はお菓子を悔しさから捨ててしまいましたが。

坂東の家では、執事の井口が五十八が東京から帰ってくると取り乱しています。

女中たちも大騒ぎ。潔もどうしたものかと困っています。

一方、すみれは明美に連れられ麻田靴店までやって来ました。

ここで家に帰らずに、麻田のところに行くところがトラブルメーカー的な主人公ぽいですね。

すみれは靴屋の中に入りますが、麻田はいません。

ミシンや針などの仕事道具に興味があるようですね。

麻田が仕事場に入ってくるのを察して、すみれは布をかぶって隠れながら作業を見入ります。

針と糸と皮から靴が出来上がっていきます。

スポンサーリンク

一仕事終わって麻田が立ち上がったところ、すみれが作業場にいることに驚く麻田。

すみれにシナモンティーを勧めながら、ゆりの甲が母親のはなと同じように低いとのこと。

また麻田は母のはなから姉妹が結婚するときには靴を作ってくれるよう頼まれていると。

「靴屋冥利に尽きます。思いを込めて丁寧な仕事で返さな」

なぜそんなに靴を作るところを見たかったのかと麻田は聞きます。

すみれ「刺繍が上手に出来なかったから。お母様に下手くそなので渡せなかった」

麻田は誰でも最初はそうだといい、続けて言います。

「しかし思いを込めたら伝わるんです。それが一番大事なことなんです。上手に作るいうことより、誰がどんな思いを込めて作るのか、それが一番大事なんです」

そんなこんなしてるうちにいつの間にか上手くなると。

「持って行かれたら、よろしいと思いますよ。奥様、きっと喜ばれます」

どうやら、すみれの心に響いたみたいですね。

喜代と執事の井口に付き添われ帰ってきたすみれに

姉のゆり「全く何をしてるの、すみれは」「どうやった、私の靴は?」

すみれ「可愛らしいの出来てた」ゆりが微笑みます。きっと心配していたんですね。

しかし、翌日帰宅した五十八は詫びに来た麻田と潔を怒鳴り散らします。

こういう時に、母親のはなが居ないと収める人がいなそうですね。

麻田の言葉は後年、すみれが子供服を作っていく上で大切なこととして心に刻まれるものになるのでしょう。

たとえ子供相手であっても、しっかりと伝える麻田。それを真剣に聞くすみれ。

良いシーンでしたね。

そして明美と早くも再会しましたね。もっと屈折しているかと思いきや、すみれを助けました。

根は優しいところのある子なのでしょう。

しかしぶっきらぼうな物言いから、まだ複雑な感情を持っていることがうかがわれます。

第4話も楽しみですね!

第2話はこちら→ べっぴんさん第2話のあらすじ感想とネタバレ 2016年10月4日

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: Content is protected !!