ガチンコファイトクラブ網野泰寛の現在は社長で華道家?高校大学や結婚は?

この記事は2分で読めます

「ガチンコ」という番組をご存知でしょうか?

1999年から2003年までTOKIOが司会をしていたドキュメント風のバラエティ番組です。

いろいろな企画がありましたが、その中でも最も人気があったのが「ガチンコファイトクラブ」です。

この企画は不良少年を集め、トレーニングしプロボクサーに育てるというものでした。

そのガチンコファイトクラブに集められたメンバーもかなり個性的でした。

→ ガチンコファイトクラブ藤野大作プロ戦績は?全身麻痺の過去?現在の仕事年収と嫁は?

この企画の一期生の中でも最も目立っていたのが、今回取り上げる網野泰寛さんです。

網野泰寛さんのその後や現在の仕事や結婚について調べてみました。

スポンサーリンク

ガチンコファイトクラブの目的がプロボクサー養成で、コーチには元ミドル級世界チャンピオンの竹原慎二さんが務め、本格的なトレーニングをしていました。

もっとも放送される部分では練習より揉める場面の方が多かった印象です。

そして大袈裟なナレーション。

この後、とんでもない展開が!

みたいなナレーションのあと、実際は別にそうでも無い展開だったりしてネタ的に面白かったですね。

そのガチンコファイトクラブの一期生の中心人物だった網野泰寛さん。

ホスト風の顔立ち、ファッションで、とにかく口数が多くコーチの竹原慎二さんに歯向かっていました。

しかしいざボクシングとなると、スタミナ不足だったり、スパーリングでもヘタレ振りを発揮していました。

そんな網野泰寛さんは1977年5月27日生まれで、出生地は千葉県、そして幼少期をドイツで過ごしました。帰国後は横浜に住み、現在も横浜在住です。

ドイツではサッカーのブンデスリーガの下部組織に所属し、地元新聞で第二の奥寺と言われたほどだったそうです。

その他ドイツ最大のピアノコンクールでもデュッセルドルフ市で優勝したほどの腕前の持ち主です。

帰国後は中高一貫の進学校の栄光学園に入学、一浪ののち立教大学に進みました。

スポンサーリンク

ここまでの経歴から、あまり不良というイメージではないですが、ガチンコファイトクラブを卒業した後、ヤラセだったとか、台本のある演技だったとか暴露していますので、ガチンコファイトクラブでの活動は芸能活動への足がかりと考えていたようですね。

結局、網野さんはプロテストに合格できず、ファイトクラブを去りました。

2006年、網野さんがら29歳の時に「株式会社 ONIMA」を立ち上げ、「あみくん」という居酒屋オープンさせ、二軒目も出したようです。現在はどちらも閉店しています。

かなり有名な芸能人でも飲食店経営は難しいですから、やはり厳しかったのではないでしょうか。

またグラビアアイドルの根本はるみさんとCDデビューもしていました。こちらもそれほど話題にはならなかったようです。

網野泰寛さんの現在は?

華道家、プリザーブドフラワーデザイナーとして、YASUHIROの名義で活動されています。

プリザーブドフラワーとは

生花や葉を特殊液の中に沈めて、水分を抜いた素材のことである。

引用  https://ja.m.wikipedia.org/wiki/プリザーブドフラワー

水をやらなくても短期での劣化がなく長期間持つため、イベントなどで利用されるようです。

その一般的に反面値段が高いです。

確かにイベントなどで、生花でもない造花でもない花を見かけることが多くなりましたね。

実は網野さんの母親がプリザーブドフラワーの協会会長で、網野さんはプリザーブドフラワーについて学び、世界大会で受賞するまでになりました。

現在では、世界花博に日本政府からの依頼で毎回出展いるとのことです。

網野さんの結婚は?

現在のところ結婚はしていないようですし、彼女の情報もありません。

ガチンコファイトクラブでは常に話題の中心人物で反面ヘタレでもありましたが、現在は成功されているようです。これからも頑張ってほしいですね!

→ ガチンコファイトクラブ藤野大作プロ戦績は?全身麻痺の過去?現在の仕事年収と嫁は?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: Content is protected !!