スタジオジブリ総選挙開催!ナウシカや「バルス」ラピュタかトトロか魔女の宅急便か?

この記事は2分で読めます

最新作「レッドタートル ある島の物語」の公開を記念して、スタジオジブリ総選挙を開催されるということで話題になっています。

投票は、8月13日午前0時~8月28日午後11時59分まで。特設ページにて投票を受け付けるとのことです。総選挙の結果の1位か9月10日(土)から1週間5都市の映画館で上映されるということです。

スタジオジブリの作品は公開されるたびに話題になり、人気作はテレビの再放送でも高視聴率を毎回叩き出しますね。

特に「天空の城ラピュタ」でシータとパズーが「バルス」と禁断の呪文を唱えるところは思い出すだけで鳥肌が立ちますね。

スポンサーリンク

そしてネット上で「バルス」が飛び交いサーバに負荷がかかるなんていう話題も毎回再放送がされるたびに取りざたされます。

「天空の城ラピュタ」以外にも名作のたくさんあるジブリの長編作品、果たして1位になるのはどの作品でしょうか?

対象となる作品を年代順に並べてみました。

・「風の谷のナウシカ」(1984年公開 制作:トップクラフト)
・「天空の城ラピュタ」(1986年公開)
・「となりのトトロ」(1988年公開)
・「火垂るの墓」(1988年公開)
・「魔女の宅急便」(1989年公開)
・「おもひでぽろぽろ」(1991年公開)
・「紅の豚」(1992年公開)
・「平成狸合戦ぽんぽこ」(1994年公開)
・「耳をすませば」(1995年公開)
・「もののけ姫」(1997年公開)
・「ホーホケキョ となりの山田くん」(1999年公開)
・「千と千尋の神隠し」(2001年公開)
・「猫の恩返し」(2002年公開)
・「ハウルの動く城」(2004年公開)
・「ゲド戦記」(2006年公開)
・「崖の上のポニョ」(2008年公開)
・「借りぐらしのアリエッティ」(2010年公開)

・「コクリコ坂から」(2011年公開)
・「風立ちぬ」(2013年公開)
・「かぐや姫の物語」(2013年公開)
・「思い出のマーニー」(2014年公開)

スポンサーリンク

すべての作品を見ているわけではないのですが、見たことある作品が多く、それぞれの思い出深いものがあります。

個人的には「風の谷のナウシカ」、「天空の城ラピュタ」ですね。

その次に「魔女の宅急便」でしょうか。

「風の谷のナウシカ」は環境問題や自然と人類の共存、そして広い意味での生物のサイクルなど考える点がいくつもありましたね。もちろん娯楽作品としても面白く、メーヴェには是非乗ってみたいです。人類は最強ではないという世界とはどんな世界なんでしょうか。有史以前は人類は他の動物たちに捕食される側の時期もありました。

ネアンデルタール人やクロマニョン人がマンモスを追い詰めるようなのは生物史ではごく最近です。

「その者蒼き衣を纏いて金色の野に降りたつべし。 失われし大地との絆を結び、ついに人々を清浄の地に導かん。」

このシーンは感動しましたねー。

そして「天空の城ラピュタ」。こちらも文明批判を含んでいます。強すぎる力を持つということ、そのコントロールなどがテーマとして含まれていると感じました。1986年公開ということで、世界は冷戦末期の時期でした。

ポムじいさんの洞窟で、シータとパズーが目玉焼きとトーストを食べるシーン。目玉焼きをのっけてパンが食べたくなりますね。あとゴンドワナでもパズーの朝を告げるトランペットもいいですね。

なお、宮崎駿さんの作品では他に「未来少年コナン」「ルパン三世 カリオストロの城」が好きですが、ジブリは1985年設立なので、これらの作品は1985年より前でジブリの作品ではないです、今回のランキングには入ってこないのが少し残念ですね。

みなさん、それぞれに思い出の映画、好きなシーンがあるかと思います。やっぱりこれだなとなるか、あっと驚くような結果になるか、ランキング結果が楽しみです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: Content is protected !!