イッテQ登山部イモトがアイガー登山成功!ヘリで下山の理由と登頂の日時は?

この記事は3分で読めます

2016年9月25日に放送された世界の果てまでイッテQ!で、イモトアヤコさんがアイガーの登頂に成功した内容が放送されました。

実際の登頂は8月24日にアイガー入りし、25日午前6時にアイガー登頂にアタック開始、25日午後0時5分に登頂に成功しています。

本編の感想はこちらです。

→ イモト アイガー登山SP前編

→ イモト アイガー登山SP後編

そして番組では登頂したイモトさんたち登山チームの元へ、石崎ディレクターの乗ったヘリコプターが駆けつけイモトさんたちを乗せて下山しました。

イモトさんたちが6時間かけて登ったアイガーを3分で下山しています。

スイス・アルプス山脈の標高3970m、「死の崖」の異名を持っているアイガーの登頂に成功したのですから、すごいことなのですが、ここで話題となったことにこのヘリコプターを使用した「下山の方法」があります。

番組で下山にヘリコプターを使用した理由とは?

スポンサーリンク

当初はほぼ登山素人だったイモトアヤコさんが2009年のキリマンジャロ(5895m)タンザニアを皮切りに

2010年 モンブラン(4809m)イタリア・フランス

2011年 アコンカグア(6962m)アルゼンチン

2012年 マッターホルン(4478m)スイス・イタリア

2013年 マナスル(8156m)ネパール

2015年 マッキンリー(6190m)アメリカ

と世界の名だたる山の登頂に成功し、今年2016年は「アルプスの名峰アイガー」に挑み、見事登頂に成功しました。

その後、番組では下山にヘリコプターを使用しました。

この下山方法に関し賛否両論の意見があります。

遡ると2012年、マッターホルンの登頂後、番組ではイモトさんたち登山隊の下山にヘリコプターを使用しました。

このヘリでの下山方法に対し、登山家の野口健氏から批判されました。

しかしこの時の下山にヘリコプターを使用するという決定はイモトアヤコさんが下したものではありません。そもそもイモトアヤコさんは登山に関し素人なので、隊の方針に関し決定権はほとんどありません。

またイモトアヤコさんは職業的な登山家ではなく、バラエティの一企画としての登頂の過程を番組にしており、理解を示す意見も一方にありました。

2013年のマナスル登頂ではイモトさんは自力で下山しています。

一般に登山では登山よりも下山の方が困難で死亡率も高いと言われています。

話題になった2014年のエベレスト登頂の挑戦企画では、

スポンサーリンク

雪崩によってシェルパ(ネパール人観光ガイドの呼び名)が死亡する事故が起き、世界各国の主要登山隊が続々と引き揚げていることを受けて取り止めた。この件に関してエベレスト山の登頂成功経験がある野口健は「日テレの判断は正しいと思います」とコメントしている。

引用 https://ja.wikipedia.org/wiki/イモトアヤコ

そして今回のアイガーでのヘリコプターによる登山の理由は何でしょうか?

それはアイガーへのアタック前、登山小屋でチーフガイドのヨハン・カウフマンさんの決定によるものです。

このイモトさんたちイッテQ!登山部のチームがアタックをかけた日はアイガー登山のための絶好のコンディションの日でした。

アイガーは登山の難易度の高い山なので、晴れていても閉山することがあるそうです。

そのため2年間閉山されていたこともあるとか。

そんな絶好のコンディションのため各国の登山隊が入山し、登山小屋から出発していくのですが、イモトさんたちイッテQ!登山部のチームは、ただでさえ難しい登山を撮影しながらということになり、通常の倍の登山時間が想定されました。

これでは他に登山チームへの迷惑となり、自分の隊も他の隊も危険にさらすことになります。

このためガイドのヨハンさんにより下山にはヘリを使うことが決定されました。

これは番組側の決定でも、ましてやイモトさんの希望でもありません。

もっともその決定をヨハンさんから知らされた時のイモトさんは露骨に笑顔になっていましたが :mrgreen:

職業登山家であっても資金面と山の状況によってはヘリを使っての下山をする場合もあるそうです。

職業登山家にとって登山のための資金集めというのは永遠の課題で、それを潤沢な資金とエキスパートを集め、経験豊富なガイドをつけたイモトさんたちのチームには羨望とやっかみの部分はあるかもしれません。

しかしイモトさんは自分を登山家として公言はしていませんし、タレントとしては稀な体力とトレーニングをしていることは確かだと思います。

安全には気をつけて、これからも登山や山の自然に厳しさや素晴らしさを伝えていって欲しいですね。

→ イッテQシャッフル「女芸人登山」感想ネタバレ

→ イモトアヤコのイッテQ登山部が始動!第7の山はアイガー!の感想とネタバレ

→ イモトアヤコのイッテQ登山部第7の挑戦はアイガー山に?ヤバすぎる危険な山で大丈夫か?

→ イッテQ!宮川大輔「ぶどう祭りinアメリカ」窒息危機と2冠へ挑戦!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: Content is protected !!