イモトアヤコのイッテQ登山部が始動!第7の山はアイガー!の感想とネタバレ

この記事は2分で読めます

「世界の果てまでイッテQ!」7月24日の放送でイモトアヤコさんのイッテQ登山部が再始動することがわかりました。

 

この放送回を見た感想とネタバレです。

放送を観ていない方はご注意ください。

まずコーナーが始まり、イモトアヤコさんの控え室に貫田さんが鎮座。

貫田さんはイッテQ登山部の顧問です。名前は貫田宗男さん、1951年生まれの、エベレスト登頂にも2回成功しているプロの山岳ガイドです。

その貫田さんが一言「山に行きましょう

スポンサーリンク

ちょっとその辺に散歩でもという感じの言葉ですが、

イモトさんは「そんな季節ですか?今は女優の方をやってるので、山は今ノートレーニング」で「山どころロケからも遠ざかっている」と。

「役がブレちゃうから、縫いたくないんで。俳優の業界でいろんな役をやることを“縫う”って言うみたいです」

あまり乗り気でない様子のつかみネタの後に本題です。

2016年のイッテQ登山部の活動内容を発表。

「一年に一回くらいはちょっと山に登っておこう」

昨年2015年6月イモトさんはスイスにある世界一高いクライミングウォールを4時間で登っていました。しかしプロの貫田さんからすると4時間というのは不満足らしいです。

またトレーニングが必要。

そしてここで登山部の第7の目標が「アルプスの名峰アイガー」であると発表されます。

標高3970mの「死の崖」で有名な山です。

イモトさんのイメージは「ヤベェ山

貫田さん曰く、以前登ったマッターホルンより低いが上に上に登ったが、

アイガーは横に長い「ナイフリッジ」、ナイフのように鋭く尖って両サイドが切れ落ちたルートを登る、そのルートはすごく狭く気を抜けないらしいです。風も強く落ちたら危険。北壁側は落ちたら2000m落下するので助からないらしいです。

ここで貫田さんが44年前に登った時は2−300m滑落したとイモトをビビらせますが、実は今貫田さんが気に入ってる「うそでーす」と森山あすかのモノマネでネタばらし。

スポンサーリンク

真面目な話の中にこのうそは怖いよ・・・

ともかく2016年のイッテQ登山部の企画がこれで決定しました。

スタジオで手越さんが、スイスにある世界一高いクライミングウォールを実は3時間で登ったと発言、すかさず「うそでーす」と、これ流行ってるの??

 

まとめ

2015年には地元のシェルパが死亡したことを受け、エベレスト登山を中止。

バラエティ番組として危険すぎるのではないかとの批判も多かったのは記憶に新しいです。

イモトさんたちのチームは、潤沢な資金で万全の管理体制をとっていると思いますが、登山家ではないので、イモトさんの体力が普通以上と言っても不安があります。イモトさんは番組中でも言っていたように現在、北川景子さん主演のドラマ「家売るオンナ」で女優活動もしているようですし、トレーニング不足が心配です。

このドラマの撮影が終わったら、しっかりトレーニングをしてまず無事に帰ってこれるように頑張って欲しいですね。

→ イッテQシャッフル「女芸人登山」感想ネタバレ

→ イッテQ「パパラッチ出川 in パリ」感想とネタバレ!出川イングリッシュも

→ イッテQ登山部イモトがアイガー登山成功!ヘリで下山の理由と登頂の日時は?

→ イモトのアイガー登山の結果は成功?ジャンダルム死の恐怖?ヘリ下山も

→ イモトのアイガー登山の結果は成功?夏山合宿とメンヒ山でテスト

→ イッテQ!「イモトの夏休みツアーin奄美群島!」感想とネタバレ!アイガー登山への決意

→ イモトアヤコのイッテQ登山部第7の挑戦はアイガー山に?ヤバすぎる危険な山で大丈夫か?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: Content is protected !!